☆雑記ブログ『こじらせ主婦の部屋』はこちら☆

【宿泊記】ACホテル東京銀座に宿泊!

2020年7月9日にオープンしたばかりのACホテル東京銀座に宿泊してきました!
東銀座駅から徒歩3分と駅地下のいい立地です。歌舞伎座も近くにありました。

駅から歩くこと3分。。。
マリオット系3ホテルが見えてきました。
左からコートヤードバイマリオット、ACホテル、アロフトの3ホテルです。

気になるアップグレードの結果は・・・?

プライムスーペリアツイン大きめの客室にアップグレード!
ACホテルではこれより上の客室はプレミアフロアになりますが、部屋数が少ないためここまでのアップグレードが限界と感じます。
今までに何回か利用させていただきましたが、いずれもプライムスーペリアツイン大きめの客室にアップグレードして頂いています。(予約は低層階キングの一番安いお部屋ですが。。。)
アップグレードは惜しみなくしてくれるイメージです。とてもありがたいホテルです。

注意点!
ACホテルではキングのお部屋では湯船がなく、シャワーのみのお部屋となります。
最初のチェックイン時に説明を受け、キングのお部屋を予約していたビノビノティーですが、やんわりと湯船があった方が嬉しい旨を伝えると、ツインのお部屋にして頂けました!
恐らく、初めてのお客様には毎回そのような確認をしているのかと思います。
その後の宿泊時には、前回と同じお部屋ですとのご案内ですと説明を頂いており、初回のやりとりが記録として残っているのかなぁという印象です。

客室紹介

エレベーターでアサインされたお部屋に向かいます。

ドアを開けると希望したツインのお部屋が!

スタイリッシュなお部屋になっています。洗面台がベットに近いですが、引き戸があるのでお水が飛んでも大丈夫なようになっていました。

水回りも新しくオープンしたばかりのホテルということでキレイで清潔そうな印象です。
トイレも個室です。
希望した湯船も広々しており、シャワースペースも広くて満足です。
リゾートによくあるイメージのレインシャワーまでついていました!

アメニティはかなりこだわりを感じるラインナップでした。

押し入れの中です。傘があるのが珍しいです。この傘はとても大きな傘で外でさすとロゴよりも大きさで目立ちそうだなぁと思いました。

そして押し入れの中には、レザーケアキット(靴磨きセット)が充実しており、持ち帰っていいのかな。。。?と疑うようなクオリティでした。使ってみて補充してもらえたら大丈夫かなと連泊ならではの手段で持ち帰っていいか確認しました。

続いてデスク周りです。

冷蔵庫の中はお水が2本。デスクにおいてあるのと合わせて4本もありなくなる心配がありません。

バスローブは黒色でタオル生地ではなく肌触りがとてもよくフード付きのものでした。

お部屋の探索もソコソコにルーフに行ってみます。
ルーフには一番右側のエレベーターでのみ行くことができます。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、「RF」と車椅子マークがある方のボタンを押すと3台のうち必ずルーフいきのエレベーターが来ます。

東京タワーもみることができ、夜景もとてもきれいです。

朝食へ

気になるコロナ禍の朝食ですが、セミビュッフェスタイルでした。
卵料理と麵料理を選択し、あとはビュッフェスタイルです。

お腹がいっぱいになったところでジムに向かいます。
注意点! ジムは24時間営業ですが、夜間は施錠されます。
施錠されている場合は、扉の右手の壁にある黒い部分にお部屋のカードキーをかざすと開錠できます。

スタッフの常駐はなく、24時間営業の為利用しやすかったです。
また、更衣室はないのでお部屋で着替えて向かう必要があります。

汗を流した後は、ACバーにもいってきました。

まとめ

ACホテルは開業したばかりで新しく、ルーフもあり夜景も楽しめるホテルです。
アメニティも充実しておりアップグレードも惜しみなくしてくれるため好印象です。
朝食は必要最低限ですが、どれもおいしくメロンジュースは一押しです。
銀座という立地から若干値段設定は攻めている印象ですが、安くなっているときは積極的に利用したいなと思えるホテルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA