☆雑記ブログ『こじらせ主婦の部屋』はこちら☆

マリオット各種会員特典について。

マリオット会員ランクとは

宿泊実績に応じて以下の6つのエリートランクに分けられています。
一般会員(0~9泊)
シルバーエリート(年間10泊~24泊)
ゴールドエリート(年間25泊~49泊)
プラチナエリート(年間50泊~74泊)
チタンエリート(年間75泊~)
アンバサダーエリート(年間100泊+対象ご利用料金20000USドル)

※直接の予約(公式サイト・アプリ・電話)からの予約のみが宿泊日数としてカウントされます。
※宿泊数は1月1日~12月31日の1年間で計算され、有効期限は達成した年の翌年の2月~翌々年の1月までとなります。
(例:2020年3月に達成した場合:2020年3月~2022年1月まで。)

各会員ランク特典一覧

 一般会員シルバーエリートゴールドエリートプラチナエリートチタンエリートアンバサダーエリート
 0~9泊10~24泊25~49泊(SPG AMEX)50~74泊75泊~100泊+利用料金1万ドル
客室内無料WIFI
会員料金
モバイルチェックイン/サービス
完全予約保障 
ポイントボーナス 10%ボーナス25%ボーナス50%ボーナス75%ボーナス75%ボーナス
優先レイトチェックアウト 午後2時午後4時午後4時午後4時
エリート会員専用サポート   
ホテルのウェルカムギフト ●ポイント●ポイント、朝食、オファーまたはアメニティ●ポイント、朝食、オファーまたはアメニティ●ポイント、朝食、オファーまたはアメニティ
より望ましい客室への
アップグレード
  ●一部スイートを含む●一部スイートを含む●一部スイートを含む
ラウンジへのアクセス   
客室タイプの保証   
年間チョイス特典
(50泊)
     
年間チョイス特典
(75泊)
     
48時間前予約保証    
アンバサダーサービス     
Your24     
一般会員シルバーエリートゴールドエリートプラチナエリートチタンエリートアンバサダーエリート

なぜプラチナ会員がおすすめなのか?

マリオットプラチナ会員がオススメされる理由はズバリ、「ラウンジアクセス」です。
SPG AMEXを持つことで自動的になれるゴールドエリートは、14時までのレイトチェックアウトやお部屋のアップグレードはあるものの、ラウンジアクセスはつきません。
ラウンジにアクセスできることによって何が変わるかと言いますと、デザートやおつまみ、お酒がタダ!!というのがとても大きなメリットになります。
それ以外にも、フリードリンクは常備ですしテレワークをするにも最適な環境と言えます。
ビノビノティーはラウンジにパソコンを持ち込んで仕事やアマゾンプライムで動画を観たりしてまったりしています。お菓子もあるし飲み物もあるのでとてもはかどります。
マリオットに興味を示す前のビノビノティーはカフェであったりファミレスなどでパソコンを持ち込んだりしたこともありましたが、ホテルのラウンジは自由度も違いますし、静かなのでそのような使い方もアリだと思います。

そして、プラチナ会員からジムやプールが無料というホテルが多いです。
どうせホテル泊するならジムだってプールだって使いたいじゃないですか?
そこでゴールドエリートだったら数千円と出さなければいけないのがタダになります。これはかなり大きいです。

また、朝食が無料になります。
これはウェルカムギフトで選択することで無料になる場合がほとんどですが、1人3000円以上する朝食が無料になります。2人だと6000円以上浮く計算になりますね。
マリオット系列はエッグステーションがありオムレツなどを作っていただけてとても美味しいので、朝食は食べる価値がアリなため、この特典も非常に大きいです。

エリート会員資格生涯保証

そんなプラチナエリート資格を生涯保持することができるって知っていましたか?
エリート会員資格を長年継続し、既定の宿泊数を達成するとライフタイム会員となり、生涯マリオットの上級会員資格を維持することができます。
これにより、binobinoty(ビノビノティー)のように背伸びして修行する必要がなくなり、必要なときに宿泊するだけでもプラチナ会員を維持できます。
とってもすごいことですよね。binobinoty(ビノビノティー)はこの会員資格を目指しています。

ライフタイムレベル獲得方法
ライフタイムシルバーエリートライフタイム宿泊日数250泊+ エリート資格保持5年
ライフタイムゴールドエリートライフタイム宿泊日数400泊+ゴールドエリート以上の資格保持7年※SPG AMEX
ライフタイムプラチナエリートライフタイム宿泊日数600泊+プラチナエリート以上の資格保持10年

ライフタイムゴールドエリートに関しては、SPG AMEXを保有することでカードの改悪が来ない限りは毎年ゴールドエリートになることができますので、目指すならラウンジアクセスなどの特典が付いたライフタイムプラチナエリートをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA